忍者ブログ

日本世界研究ブログ (今世紀をダッシュ)

様々な内容。医療、ニュースに関連して、歴史、芸術、自然災害、経済など。  このサイトはリンクフリーです。 ブログ名を「ダッシュ ー世界を分析するー」から変更しました。

各自が健康の専門家になるべき、医者は健康の専門家ではないのではないか

 当ブログの著者は各自の健康や受ける医療に関して責任を負いません。そのつもりでお読みください。

 医者は健康の専門家と言えるのかという問題がある。医療によって問題(
薬害、医療ミス、院内感染)が起きている。こんなのだったらこんな医療受けなければ良かったという人もいるであろう。

 さて、ある医療内容に関して、この医療内容をするという医者と、
この医療内容は危険なのでやらない方がよいという医者がいる場合があるであろう。それって、やっていることが全く違うと言えるであろう。ということは、医者は健康の専門家ではなく、ある方針の作業をやっている人と言えるのではなかろうか。各自が健康の専門家になり、ある場合にどのような医療を受けるか、それには医療を受けないことも含むが、自分で判断していく必要があるということになるのではなかろうか。だって、この医療内容をするという医者と、この医療内容は危険なのでやらない方がよいという医者がいたら、どんな選択をするかは自分で決めることになるのではなかろうか。

 あの医者のせいで健康を害したとか死んだとか、医者に人生を破壊されないように、自分自身が健康の専門家になる必要があるのではなかろうか。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

リンク

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

このエントリーをはてなブックマークに追加