忍者ブログ

日本世界研究ブログ (今世紀をダッシュ)

様々な内容。医療、ニュースに関連して、歴史、芸術、自然災害、経済など。  このサイトはリンクフリーです。 ブログ名を「ダッシュ ー世界を分析するー」から変更しました。

社会は変わる

社会を変えることはできるか。できるであろう。

 選挙に行っただけでは無理であろう。その後の社会運動が重要であろう。
 意見を言うこと、これだって重要であろう。
 そして、買い物、何を買って何を買わないか、これは結果的に買ったものを応援し買っていないものを応援しないことになる。どの商品をどの店を応援したいか、自分の意思にかかってくる。
PR

ある地域の統治(支配)

ある地域、これは国でも都道府県でも構わないが、これを統治(支配)するには、ある特定の内容を当たり前だとそこの人の大多数に思わせてしまうとよい。あるいは、重要でないことにみんなの関心を向けさせ、本当に重要なことから目をそらさせてしまうとよい。こうすれば、その地域を統治(支配)しやすい。日本はこのようにして統治(支配)されているのではなかろうか。

 学校とかマスコミなどを使って与える情報を選択し、思考を誘導してしまえばよい。思考や行動を誘導すればもう支配者の思い通りになる。大多数が思い通りの思考や行動をすれば、それでうまく支配することができるのだ。日本はこのようにして統治されているのであろう。

野球

野球はやるとしても高校で部活動としてやるだけで、プロ野球はするつもりでないという人もいるのではなかろうか。野球に関して投手が変化球を投げるのが体に良いことかという疑問もあるかもしれない。

 プロ野球に関連して、違法薬物とか野球賭博とか問題が生じている。高校野球で部活動としてはやってもプロ野球には興味がないという人がいても、それはそれで構わないのではなかろうか。甲子園で高校野球をやっているといっても、それは高校の部活動の話である。プロ野球の悲惨な状況を見て、こんな所で活動するのは興味ないという人がいても構わないのではなかろうか。他のことをしてそこで同じように変な方向に進んではならないのであるが。また、そもそもなぜ野球という一部活動を大きくとりあげる必要があるのかという疑問がある。

 オリンピックも含め、プロスポーツには興味がなく、自分たちが楽しめればそれで構わないという人がいても構わないのではなかろうか。

病院に行ったら医者の言うことを聞くしかないか

当ブログの著者は各自の健康や受ける医療に関して責任を負いません。そのつもりでお読みください。

 病院に行ったら医者の言うことを誰でも聞くしかないということをいう人がいるかもしれない。しかし、それぞれの内容に関してその医療を受けた方が良いのか、受けた医療で新たな問題がおき(薬害、副作用、医療ミス、院内感染)受けない方が良いのかという問題がある。

 病院に行ったら医者の言うことを誰でも聞くしかないという意見の人もいるかもしれないが、それで良い結果であれ悪い結果であれどうなっても自分が結果を引き受けることになる。

 受けた医療で新たな問題が生じている場合もあるであろう。そして、受けなかった方が良かったと思っている人もいるであろう。だったら、医者は健康の専門家ではないというのも一つの見方であろう。

 さあ、どうすべきであろうか。

奨学金返済法

奨学金という名の借金で困っている人もいるかもしれない。返済法を考えていこう。実際に使えるかどうかは各自で判断してほしい。

 今、マイナス金利によって借金の金利も下がっているのではなかろうか。奨学金の金利と比べてどちらが安いか調べ、新規借金の金利の方が安ければそれに乗り換えるのはどうであろうか。金利の分が助かるのではなかろうか。

 奨学金という人生を破壊することになるかもしれないこの制度、どうにかならないものか。それでもこの制度がある方が良いのか、それともなくて進学できない方が本人のためになるのか。せめて、利子無しの制度にしてくれないものかと思う。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

リンク

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

このエントリーをはてなブックマークに追加