忍者ブログ

日本世界研究ブログ (今世紀をダッシュ)

様々な内容。医療、ニュースに関連して、歴史、芸術、自然災害、経済など。  このサイトはリンクフリーです。 ブログ名を「ダッシュ ー世界を分析するー」から変更しました。

生命の危険ーテロ、自然災害、通り魔、車、ミサイル

生命が危険になる可能性があるもの、テロ、自然災害、通り魔、車、ミサイルのようなものがある。

 テロは起きるとニュースで大きくとりあげられるかもしれない。北朝鮮のミサイルも大きくとりあげられるかもしれない。しかし、危険はそれだけではない。通り魔に自分が出会うかもしれない。自然災害だってある。そして、道を歩いていたら、車にひかれるかもしれない。どれに当たる可能性がどれだけあるかという問題がある。

 テロ、自然災害、通り魔、車、ミサイル、どれでも死んだらおしまいだ。様々な危険のうち、あるものだけを危険だと言っていればよいのではなく、様々な危険があるということである。
PR

国民生活

今の日本、必要なものはたくさんある。食べ物、捨てているだろう。家、住む人がいなくて余っているところがあるであろう。服、シーズンの終わりに売りつくしセールをしている。

 お金で見るのではなく、物自体やサービス自体があるかどうかで考えてみよう。そうすると、必要以上のものやサービスが存在する。さらに、広告ってこんなにたくさん必要かという問題もあるであろう。ジャガイモを作ったらそれを食べる人がいても、広告ってそれ自体が必要なのではなく、広告の先の商品やサービスがあって初めて役に立つものである。いらないものを売りにくるセールスとか、必要ないだろう。

 ということは、必要以上に物やサービスがあり、不要な仕事をしているということになる。

 お金っていうけれだ、経済的に苦しいというけれど、物やサービスは必要以上に日本社会に存在し、不要な仕事をしている。要するに、物やサービスを買うのに使う金の分配が行き届いていない人がいるということである。畑にとれた農作物を捨てている農家、捨てている農作物をちょっとぐらい分けてくれるかもしれない、そういうレベルの物やサービスが存在する社会ではなかろうか。

 経済的に苦しいこういう社会にする政治家を選んだのは国民である。

インターネットの怖さ

インターネットは恐ろしいものだ、犯罪を犯した人にとって。年齢に関係なく誰かが犯罪を犯した人をインターネット上に公表すると、インターネットにのせる方の行動がよいか悪いかの議論はおいておいて、また、仮にでたらめを発表した場合でも、インターネット上に残り、誰かが後々見ることができる可能性がある。検索で見やすい位置にでてきたりすると、将来にわたって簡単に見ることができることになる。

 注目を浴びるほど、ある人が肯定的評価も否定的評価も両方をインターネット上で多く受ける傾向があるのかもしれない。また、小さなことでもとりあげて肯定的あるいは否定的評価がなされるかもしれない。でたらめの情報も発表されるかもしれない。でたらめの情報は問題だとしても、事実に基づくインターネット上での発表は良い悪いの議論はおいておいて、政治家のような注目を浴びている人が受ける場合、応援者や批判者などさまざまな人から色々な意見があるかもしれない。

 しかし、この犯罪はこの人を政治的理由で陥れてやれとかそういう種類のものではなく、問題だということをこの人がしたという情報がインターネット上にでて長年残ると、これはその人にとって恐ろしいことだろう。法律にはない事実上の処罰が良い悪いはおいておいて、世の中にはあることになる。

どんな家が魅力的か

誰々の家にはあれがあっていいなあ、欲しいなあと思う人もいるかもしれない。

 では、物がない家、あっても机と椅子とか必要最低限で、ほとんど物がない家、こんなのはどうであろうか。物置にも不要なものがない。使う必要なものだけがある家。それはそれで魅力的ではないだろうか。

 実際問題全く余分にものがないとか、食べ物でも万一の時のために少しは買い物無しでもやっていける状態でないと不安かもしれない。普段使わないけどあれは物置に置いておいて必要があれば使う、そいうものもあるかもしれない。だから、今はいらないけど置いておくものもあるかもしれない。

 また、机や椅子でもものでも、自分が気に入ったもので、スーパーで安く買えるものの寄せ集めでなく、お土産店にあるようなものとかそういうものが置いてある家にしたい、そういう希望もあるかもしれない。

 自分がどんな家、部屋にしていきたいかだろう。

愛国と売国ー右派と左派の違いを超えてー

右派か左派ということと愛国か売国ということは関係ない。右派でも愛国も売国もありうるし、左派でも同様である。

 保守、伝統を大切にというのを右派とし、革新を左派とする。
 これでいくと、今の日本ではアメリカと中国などの東アジアとの関係でいくと、現在アメリカとの関係が強く、保守がアメリカとの関係重視、左派が中国などの東アジアとの関係重視となるだろう。
 しかし、江戸時代の末期でいくと、日本は鎖国していたということが言えるであろう。
 遣唐使の時代だと、日本は東アジアとの関係がアメリカよりも強いであろう。
 また、食だと現在、日本食重視が右派で外国食取り入れが左派なのだろうか。それとも外国食が既に入っていて関係ないのであろうか。では音楽だったらどうなのだろうか。

 例えばアメリカ重視か東アジア重視かという問題でも、日本を大切にしながら日本の良い点を重視しながらも、アメリカまたは東アジアとより深く関わるあるいは内向きに閉じた有り様でいくということはあるであろう。これだとアメリカ重視(仮に右派)も東アジア重視(仮に左派)も内向きに閉じるのも愛国になる。しかし、アメリカの言いなりとか東アジア諸外国の言いなりでは、アメリカ重視(仮に右派)も東アジア重視(仮に左派)も売国になる。アメリカ重視(仮に右派)も東アジア重視(仮に左派)も愛国にも売国にもなることができる。右派か左派かではなく、どういう右派か左派かを見ていく必要があるであろう。

 では、国の利益なりプライドなり何かを失うようなことをするのは必ず売国かという問題がある。歴史を見れば分かるように、力関係から何かを失うようなこと、どこかの政権の管理下に入るようなことというのは、あるであろう。そうしないとより被害を受けるかもしれずやむおえずということはあるであろう。だから、話し合いなり交渉なり宣言なりそのような形で国に不利なことをしても、もっと大きな被害を避けるためにやむおえないこともあり、必ずしも売国と言えるのかという問題はあるであろう。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

リンク

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

このエントリーをはてなブックマークに追加